むくんだときにお茶を飲むとどんな効果があるか

たかがむくみと放っておくと代謝が悪くなったり脂肪をためやすい体質になってしまうこともあります。また、脂肪や老廃物が溜まると代謝が悪くなりむくみを引き起こしてしまうことも少なくありません。

 

むくみを改善する方法としてはいろいろなものがありますが、その中の一つに「お茶」があります。なぜお茶がいいのかというと、お茶は代謝を高めてくれる成分が含まれているからです。

 

むくみの改善にきくカリウムをはじめとして、ポリフェノールなどが含まれているお茶なら、むくみの原因になる老廃物を体外へ排出させる効果もありますし、利尿作用があるので余分な水分を溜めずに体外へ排出してくれます。

 

もちろん、記述したようにお茶なら何でもよいというわけではありません。体内に蓄積している毒素を排出する効果の高い成分が含まれているお茶でなければ、むくみの改善にはつながりませんので、そこが大きなポイントとなります。

 

さらにお茶といっても冷えたお茶ではなく、温かいお茶の方がよりむくみの改善につながります。なぜなら温かいお茶は体が温まり血行が良くなります。血流が良くなると体温が高くなり、基礎体温があがるので代謝もアップします。

 

代謝が高い方が体内に溜まっている老廃物を排出しやすくなりますし、冷えによるむくみの改善と予防にもつながりますので、お茶を飲むときは温かい状態で飲むのがおすすめです。カフェインが含まれているお茶もむくみに効果があると言われていますが、ノンカフェインのお茶なら夜遅くに飲んだりすることもできますし、妊娠されている方でも安心してお飲みいただくことができます。